So-net無料ブログ作成
検索選択

荻原次晴 嫁と号泣ネタ暴露!?しくじり先生での健司への思いが衝撃!! [テレビ番組]

こんばんわ。

本日10時よりABCテレビで、
「しくじり先生、俺みたいになるな!」
現在スポーツキャスターとして活躍中の荻原次晴さんが登場します。

荻原次晴さんといえば、スキーノルディック複合の元日本代表選手。
そして兄である健司さんも同じ種目の日本代表選手です。

荻原次晴さんはいつも兄である健司さんの背中を追いかけていました。

逆に優秀である兄・健司さんの存在が大きすぎて、
比較されることに疲れ、ストレスを感じていた荻原次晴さん。

一体どうやってその「兄と比べられる」という重圧から開放されたのでしょう。
番組ではそれが語られて行きます・・・

さて、しくじり先生での話以外に、荻原次晴さんの、嫁の話や、
オリンピックで号泣した話など、
分かる範囲で調べてみましたので、お付き合いください。



スポンサードリンク







❏荻原次晴の取り組んだノルディック複合とは?

皆さんクロスカントリーみたいなイメージではないかと思います。
イメージとしては「スキーのマラソン」みたいな。

それが私達のイメージですが(まとめてすいません)、
大体合っていました。

しかし、それはクロスカントリーの部分だけで、
スキー・ジャンプも飛びます。
その合計で競うわけですね。

だからノルディック「複合」というわけです。
何故ノルディックというのかは不明でした、すいません。

ルールとしては、ジャンプを飛んだ飛距離順にクロスカントリーのスタートを切る
というわかりやすいシステムですね。

高梨沙羅さんがジャンプした後、1番だったので、
クロスカントリーを一番に出発するイメージです(やらないけど)。


つまりジャンプの瞬発的な筋力と、
マラソンの筋肉も持ち合わせていないといけないわけで、
これはトライアスロンと一緒でかなりしんどい競技だと思います。



前置きが長くなりましたが、
荻原次晴さんはこの競技の日本代表選手で、
ちなみに双子の兄の荻原健司さんは
アルベールビル・リレハンメルの五輪2連覇を達成していまして、
「キング・オブ・スキー」の異名を取っていたそうです。



まあ、ここまで読んで分かるでしょうけど、
つまり兄の荻原健司さんがあまりにも優秀過ぎたわけです。
そして双子で顔が一緒なものだから、
しょっちゅう健司さんに間違われ、相当なストレスだったようです。


○荻原次晴・健司の見分け方


・・・ないです。
こんな似ている双子は珍しい。
どちからが特徴あったりするんですが、(マナカナは分かる)
この二人は分かりません。
別々に登場することを願うしかありません。


私も画像をそれほど見てきたわけではありませんので、
正直間違えられてもしょうがないレベルかもしれません。



ただ似すぎています。



スポンサードリンク








❏荻原次晴 兄と比べられて当時後悔していることとは??


兄と間違えれるのは嫌で嫌で仕方がなかった・・・
そんな中、荻原次晴さんは名言を残しています。(NUMBER参照)

「一度もメダルが欲しいと思ったことはないんです。
ただただ健司に間違えられるのが嫌だった、それだけです」
まじで嫌だったんですね。


ここからは私の考察の域は出ませんが、
この言葉からも分かるように荻原次晴さんは、
同じ日に産まれ、同じ背格好にも関わらず、
これほどの実力差を付けられたことに内心プライドが傷つき、
反発していた心があったのではないかと思います。


勿論当時の話です。
実際の所、兄の健司さんとは仲が良いそうですし、
よくある「兄はあんなに出来るのに、弟はてんで駄目だな」というやつです。


周りからそういう評価を与えられ、
自分がどんどん落ちぶれているような錯覚に囚われていった・・・
とは考えられないでしょうか??


本来双子なら、負けまいと猛練習するはずなんですが、
荻原次晴さんは練習が嫌いだったようです。
もっと練習しておけば良かった・・・
なんてしくじりでしょうか??


まあ。ここらへんはしくじり先生内で詳しく話してくれるでしょう!!
乞うご期待。



○荻原次晴嫁は??子供は??

さて、ここらへんは番組内で語られるか分かりませんが、調べれみました。
荻原次晴さんの嫁に関して。

荻原次晴さんは、2008年に14歳年下の会社員女性と結婚されています。
当時24歳だったということで現在32歳くらいでしょうか?
かなり若い嫁さんをもらったもんです。

ネットからは子供の匂いは全くしませんでしたので、
子供はいないのかも・・・それとも完全にプライバシーを遮断しているのかもしれませんね。


ちなみに荻原次晴さんの嫁の画像も全く出てきませんでした。
すごいセキュリティです・・・


○荻原次晴号泣事件とは??


荻原次晴「号泣」というキーワードが出てきますが、
一体何なのかと思って調べてみました。


どうやらソチ五輪で
ノルディック複合銀メダルを取った渡部暁斗選手に対してのものだったようです。

20年間(リレハンメル金が最後)メダルから遠ざかっていた日本代表に、
渡部暁斗選手が銀メダルではありますが、メダルを送り届けてくれたわけです。

日本がメダルを取れなくなったわけはルール変更でした。
ジャンプが強かった日本が不利になるように、
ジャンプのポイントを下げ、クロスカントリーのポイントを大きくしたそうです。


ここから日本の暗黒時代が到来したわけですが、
20年経ち、やっと一筋の光明が・・・


と思って感極まり、解説出来ていたにも関わらず、
号泣してしまったわけですね。

この荻原次晴さんの号泣が話題になり、
渡部暁斗選手の銀メダルもクローズアップされたようです・・・。


とまぁこんな感じで今回は終わりです。
「しくじり先生 俺みたいになるな!」本日10時からABCです!
乞うご期待!!


ちなみに・・・分かります??どっちがどっち?
荻原兄弟.jpg

スポンサードリンク



















コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。